アメリカでラーメン店開業!準備期間は1年以上!?世界進出はやっぱりニューヨークがキモになる!

ギフトが海外展開の第一歩に選んだのはアメリカ!世界進出にはやっぱりニューヨークでの成功が重要だった!?
海外での店舗オープンのリアルな苦労ポイントを語ります♪

海外展開を始めた理由は?

日本国内で出店をして特に大きな弊害がなければ、次は業態を変えて店舗を増やしていくか、場所を変えて店舗を増やしていくかというステップに進みます。
業態を変えるのは日本国内でトライしていますが直営部門の方に任せているので、アメリカへ場所を変えるという方を僕が担当させて頂いています。

アメリカに出店した理由は?

アジアの方が出店しやすいというイメージがあったので代表の田川と僕は一緒に海外に出店する前アジアも含めいろんな国に行きましたが、いろいろ見る中でニューヨークに決めようという結論になりました。
何故かというと、それこそ代表の田川が凄く尊敬されている経営者で牛角の創業者の西山さんに田川がご相談させていただいたのですが、「やはり世界に出るのであればこのニューヨーク・マンハッタンという土地で打ち上げて、そこでしっかりとしたブランディングや繁盛店を作れば、これは全世界に行けるよ」というアドバイスがあったからです。
例えば小さなベトナムのホーチミンとかで凄い繁盛店を作れば全世界に発信する力を持てるのかと言ったら、ちょっとそれって考えづらいですよね。オーストラリアでめっちゃ繁盛店作ったから欧米からお呼びがかかったなんてあまりないじゃないですか。ニューヨーク・マンハッタンでとんでもないラーメン屋ができたぞ!っていう一風堂はまさにそうですよね。だから僕らはその話を聞いて素直に納得したので、ニューヨークで海外展開を始めようと思いました。
とりあえず物件も見たかったのでただ単に視察ではなくて、既に何個か物件を見られるようにいろんな業者さんとお会いできるセッティングもしていて、とんとん拍子で行きましたね。

アメリカ開業で大変なのはどんなこと?

アメリカは物件を決めてオープンまで凄く時間がかかり、日本と違ってオープンしますと言ってから工事まですぐ進むわけではありません。
何故かというと、許可申請が半端なく大変なんです。政府のお仕事がすごく遅いんですよね。それこそアルコールライセンスと言ってアルコールを店内で販売したい場合ライセンスを出すのですが、近所の方に評議会のようなものがあり、その評議会でプレゼンをしてまずOKが貰えなきゃダメとか。政府からOKを貰ってライセンスを出すのに、さらにそこから1~2か月掛かったり。とんでもなく1つひとつの工程に時間がかかるので1年かかると思った方が良いでしょうね。
それには僕らも驚きました。しかも家賃とかもとんでもない金額なのです。それはもうフリーレントと言って大家さんがオープンまで時間かかってしまうということをもある程度わかっている状態で、半年くらいだったらフリー付けてもいいよってこともあるのですが、家賃が必ず何か月かくらいオーバーしてしまいます。それ以内で収まる人はいないんじゃないですかね。なので開くまでかなり苦しかったですね。

スタッフさんの採用は大変なのか?

オープン後はスタッフ問題が大変です。元々英語が達者な人間がマネージャーでいてローカルスタッフに指導してるわけじゃないので「YOU MAKE 餃子」みたいな単語でしかコミュニケーションが取れませんでした。
餃子の握り方もわからないので、語学の壁で握り方がちゃんと伝えられず凄い形の餃子が出て来たりしました。
2人の日本人が頑張ってくれていたのですが、本店創業メンバーの宮下がギフトの第2のステージを作るという意気込みで向こうに行ってくれていました。彼がいなかったら僕はもう心折れてましたね。
僕も常時ずっといるわけではないので日本の仕事で帰ったり行き来していたのですが、アメリカに来るたび現地スタッフと日本人スタッフがさらに仲良くなっていて驚きました。彼は元々英語が喋れないのですが、言葉よりも雰囲気や笑顔などで上手くコミュニケーションを取り通じていたんだなと感じました。言葉に自信がなくても彼らとボーリングに行くことも臆することなく、コミュニケーションを取っていました。
精神的なストレスとかもあったでしょうけど、彼らがそこで常にポジティブにやってくれたおかげですね。

〈開業支援のポイント〉
ニューヨークで店舗を開店する場合1年ぐらいかかることも!

海外1店舗目をオープンして学んだことは?

やはりルールが国によって違うので、これから世界に行くときに絶対その国のルールをある程度調べなきゃダメだなと思いました。
ルールというのはもちろん法律的なものも含めてです。雇用するときに労務とかも全然日本と違うので、それを分からないで現地の人の言いなりになっているとこれは良くないなと思いましたね。
1人の人が言ってるからと言って信じないのも大切ですね。その人が勘違いしている可能性もあるので、2人目3人目にいくつか聞いて正しいかどうかのチェックをしたり、ちゃんと自分で調べること。
ちゃんとルールを知った上でやっていかないと、日本と絶対に違うので日本と同じ感覚では商売できないということを学びましたね。

〈開業支援のポイント〉
現地の人に頼りすぎず自分でも調べることが大事!


他にもこんな記事がおすすめ♪

ラーメンの繁盛店というとどんな店を思い浮かべますか? 例えばお客さんが沢山入っ >>続きを読む
『繁盛店』ってよく聞きますが、ラーメン屋で繁盛店ってどんな店だと思いますか? >>続きを読む
「ラーメン屋で独立開業したい!」「自分の店を持つ夢を叶えたい!」「ラーメンで事業 >>続きを読む
みなさん。ラーメン屋をやるなら、当然儲かるお店にしたいですよね。では儲かっている >>続きを読む