海外ラーメン開業あるある!必ず悩む文化の違い!

海外でラーメン店を開業する時に何が大変なの?というと、やはり大きいのは文化の違いです。もちろん言葉が違うのもありますが、それは現地の言葉を話せるスタッフや通訳さんがいれば一定は解決できるもの。文化や価値観の違いは変えることが難しいので、うまく付き合って行く広い心が必要です。文化の違いが海外開業の難しさでもあり、事業に失敗してしまう原因にもなってしまうので大事なポイントになっています。
ここでは『海外開業あるある』として定番の悩みの種についてご紹介します!


「時間に来ない」は普通!

現地での建築業者さん、仕入れなどでお付き合いをする様々な業者さん、そしてお店のスタッフさんが時間になっても来ない…というのは普通です!決して珍しくはありません。
そもそも世界的に見て、日本ほど時間に正確な国はほぼほぼありません。日本人の時間への正確さは世界トップレベルで、電車も飛行機も人との待ち合わせも他の国から見たら嘘みたいな正確さ。私たちの方がレアケースなので、日本国内と同じ感覚でいたら耐えられません。笑
なので、日本人にとっての当たり前は世界標準ではないと思ってスタートするのが正解です。

工事が進まない…こともある

時間の正確さという面でいくと、国によっては工事が予定通りに進まないというのも珍しくはありません。まあ誤差程度…と思えるものから、気づいたら半年以上延びている…という重大なケースまであり、ケースバイケースでしっかりと対応しないと資金的にも致命傷です。
現地の文化と馴染みながらも、ただただ資金だけが消えて行くような事態にならないようにする匙加減が必要になってきます。

電気が足りない!

電気や水道やガスなどは、どれだけ使用できるのかが場所やプランによって変わります。プランを変えたり少し工事を入れるくらいで改善できるならまだ良いですが、開店してから「あれ?電力量全然足りない…」なんて気づくとなかなか大変です。
クーラーを使うとブレーカーが落ちるから…という理由で、仕方なく真夏日に厨房はクーラーなしで対応…という経験をもつ開業スタッフもいます。
日本の感覚で進めていくと知らず知らずのうちにどこかで見落としたり気づけないことが多いので、先入観は捨てる!くらいの気持ちでスタートするのがオススメです!

味の原型がなくなった!

海外で日本のラーメンを売る場合、ある程度はその地域に好かれる味や見た目や工夫が必要になったりもします。国や文化や宗教によって事情が違うので、それも大事と言えば大事なのですが、ラーメンの味の原型がなくなってしまうのは海外展開で失敗するパターンに多いです。
多少は現地で愛されるようにローカライズされていても、日本のラーメンを食べに来る海外のお客さんは「日本のラーメン」を求めて来ています。本場の味を求めていたのに、オープンしてから時間が経ったら日本のラーメンではなくて現地のオリジナルフードみたいになっていた…。これで客足が遠のいてしまうというのが悪いパターンなんです。
よくあるのは、開店後に日本人のスタッフが離れて現地運営に任せたら味が変わってしまったという事例。ラーメンの作り方や店の運営は、すぐ近くにいないことも考慮して徹底しておく必要があります。

材料が変わってしまった

味が変わってしまう原因として、仕入れる材料を変えてしまったというのもあります。気付いたら仕入れ先が変わっていて、コストパフォーマンスを重視しすぎた結果、美味しくなくなっていた…というパターンです。

意思の疎通が難しい!

やはりどこへ行っても言葉の壁というのは立ちはだかります。
動き方ややり方などは身振り手振りで伝えられますし、表情を見て様子を把握することもできます。しかし、なぜこうするのか?なぜ今のではダメだったのか?という理由やものの考え方、どんな事を大切にして行うべきなのかという本質的な部分は言葉がなければ伝わりきりません。
細かさとかこだわり、様式美みたいなものが日本にはありますが、その文化を伝えるのがとても難しい。これに関しては、何度も何度も言い聞かせて覚えてもらうしかないので、何回でも同じことを繰り返すという辛抱強さが必要になってきます。

トラブルは当たり前!と割切る

ラーメンで海外開業しようとすると、何かしらのトラブルや想定外は必ず起こります。なので、何かが起こっても落ち込まない!むしろ楽しむくらいの気持ちでかまえられたらベストだと思います。何度も開業サポートをしてきたプロデューサーでも毎回毎回「え、そんなことある?」という事態の繰り返しなので、とりあえずは自分との感覚や価値観の違いにイライラすることなく前向きに進んでいくのが大切です。
新しい世界で文化の違いや言葉の違いに苦労しながらも、その交流や過程が海外開業ならではの面白さでもあります。全部ひっくるめて面白い経験。そして面白いビジネスになりますので、海外で少しでもトラブル少なくラーメン開業をしたいという方は我々も全力でサポートさせていただきます!

海外開業の苦労についてはコチラの動画で!


他にもこんな記事がおすすめ♪

ラーメンに限らず飲食店の経営でコスト管理はひじょ〜〜に大事なポイントです。コスト >>続きを読む
ラーメンでの開業での悩み『ラーメン屋をやるのに良い立地とは何なのか』。 どこに >>続きを読む
海外でラーメン店を開業する時、そして海外で店舗展開をする時に苦労すること、その大 >>続きを読む
株式会社ギフトは横浜家系ラーメン『町田商店』の直営店を全国で110店舗以上展開し >>続きを読む