儲かるラーメン屋とは?儲かる店のパターン3つ!

みなさん。ラーメン屋をやるなら、当然儲かるお店にしたいですよね。では儲かっているラーメン屋さんってどんなお店でしょうか?

儲かっているお店=お客さんがたくさん入るお店。では儲かっているお店=有名店なのか…?

お客さんがたくさん入ってラーメンを食べてくれるから儲かるのは間違いありません。
でも有名店にならないと儲からないのかというと、それは違います!
ここでは『儲かるラーメン屋』についてお話ししたいと思います。


稼げるラーメン屋ってどんな店?


有名店じゃないけど儲かるラーメン屋ってどんなお店…?ということですが、ラーメンで稼ぐ&安定した売り上げをあげるためのポイントは


【1】お客さんがコンスタントに入り続けてくれること
【2】利益が必要コストを上回ること


ザックリ言ってこの2点です!
行列ができるような人気のラーメン店は【1】をクリアしていますが、【2】もクリアしているのかというと、必ずしもそうとは言えません。
立地が良く、おしゃれな店内で、こだわりの食材で作ったラーメンを提供しているとコストは自然と釣り上がります。だから必要コストと利益のバランスがしっかりと取れていることが重要です。

儲かるパターン①人気有名店

行列ができるような人気店でしっかりと売り上げと利益を上げているのが儲かるラーメン店のパターン①です。

人気のラーメン店は新規のお客さんはもちろん、リピーターのお客さんもたくさんいる傾向があります。
お客さんが来店して「もう一回食べたい!」と思ってくれれば、集客としては最強のパターンとも言えます。

そんな中でも儲かっているお店は利益をあげる為にしっかり努力したり考えた経営をしているので、人気が出ようとお客さんが行列を作ろうとバランスのとれた経営をすることが重要です。

ここで1つ事例を!
とある人気のラーメン屋さんは都心の駅近で営業しています。人気店なのでお客さんが並ぶこともありますし、リピーターも多くて売り上げは安定していて順調です。
このお店の中にはカウンター席しかなく、好立地ながらも敷地面積は広くありません。
立地が良くてもなるべく家賃を抑えるように工夫しているんですね!
家族連れよりも会社員や学生といった若い層・活動的な人たちが客層になるので、テーブル席を無くしても問題ありません。ターゲットをしっかり絞った上で出店しています。

こんな風に、有名店でも人気店でもコスト削減と安定した経営を考えて営業されています。

儲かるパターン②地域密着型店舗

その地域でたくさんの人が利用してくれるように、客層のニーズに合わせた営業をできているのが儲かるラーメン店のパターン②です。

遠くからお客さんが食べに来たり行列ができるわけでなくても、客層をしっかり理解したサービスのある店舗はちゃんと稼げています。
たとえ駅から遠くても、ネットや雑誌で取り上げられなくても、お客さんがたくさん来てくれるお店はちゃんとあるんです。

ここで一つ事例を!
ある郊外にあるラーメン屋さんは、ネットで見たことのあるような有名ラーメン店を上回るくらいの月商をあげています。
駅から近いとは言えない場所ですが、お客さんはほとんど車で来るので場所的な不利はあまり感じません。
駐車場は広くてたくさん駐車できるようになっており、店内はカウンターとテーブル席とお座敷席が用意されていて家族連れでも過ごしやすいように工夫されています。
このお店のメインターゲットはズバリ、家族連れです。
お座敷席はママ友会でも人気があるポイントの一つですし、店内の通路が広ければお年寄りや車椅子、ベビーカーでも使いやすい。
車で来店することを想定し、メインのお客さんがどんな人になるのかをしっかり理解した上で出店しています。

こんな風に、どんな人がラーメンを食べに来てくれるのか?どんな風にしたら快適に過ごしてもらえるのか?また来店してくれるのか?を考えた店作りで稼げるお店を目指すこともできるんです!

儲かるパターン③回転率orリピーター重視

・とにかく回転率が良いからお客さんをたくさん入れることができるラーメン屋
・とにかくリピーターが多いラーメン屋
こういったお店が儲かるラーメン店のパターン③です。

例えば入店してからラーメンが出て来るまでに15分かかり、お客さんが食べ始めてから会計を済ませて店を出るまでにさらに20分かかるとします。
1人のお客さんが必ず35分以上滞在するとなるとけっこう長くありませんか?
もしもラーメンを5分で提供できたら、10分短縮。
お会計を1分早く済ませれば全部で11分短縮。

正直なところけっこう多くのお客さんは15分かからずにラーメンを食べ終えるので、多分お店側の努力次第で1人のお客さんの滞在時間を20分くらいにできる可能性を秘めています。
削った15分で別のお客さんがもう1人ラーメンを食べることができちゃいますね!

こういった時間のロスをできる限り少なくすると、お客さんの回転率を上げることができます。
もちろんお店のコンセプトと客層によって向いているお店と向いていないお店があると思いますが、例えば工事現場の作業員さんやトラックの運転手さん、営業で外回りをしている人やタクシーの運転手さんなど「早く食べ終えたい!」という方が多く来店するようなラーメン店ならアリではないでしょうか。

リピーターが多いラーメン屋というのは、コアなファンが多いお店や限定メニューが強いお店が該当します。儲かるパターン②の地域密着型店舗もリピーターが多いお店が多いかもしれませんね。

お客さんは新規顧客とリピーターの2つに分かれますが、どんなお店でもリピーターをどれだけ獲得できるかが実は勝負なんです!リピーター獲得のためには高い回転率や新しいメニューの提供といった努力が功をそうする1つの手段になります。

稼げるラーメン屋になるために

ラーメン屋を長く続けたい!稼げるラーメン店をやりたい!それならどうやって店作りをするべきか?
まずはコストと利益のバランスが取れているかに注目し、利益がちゃんと出るお店にしなければいけません。
開業する際の計画や物件を探す時には、お店の立地やスタッフ、客層についても想像してシミュレーションしながら全体を組み立ててみてください!稼げるラーメン屋になるにはバランスがとても大事です。

これから始めてラーメンで独立開業をするなら、ラーメンに詳しいプロに聞くのもオススメです。
開業支援やコーディネーターとしてサポートをしてくれるところもあるので、わからないことはプロに相談するのは成功への最短距離!店を持つなら長く稼げる店を作りましょう!

繁盛店について詳しくはコチラ!


他にもこんな記事がおすすめ♪

私たち株式会社ギフトのラーメン開業支援は加盟金・ロイヤリティー・保証金は全くいた >>続きを読む
ラーメンに限らず飲食店の経営でコスト管理はひじょ〜〜に大事なポイントです。コスト >>続きを読む
『繁盛店』ってよく聞きますが、ラーメン屋で繁盛店ってどんな店だと思いますか? >>続きを読む
飲食店を経営するなら当然毎月売り上げがあって、経費もかかります。そして売り上げか >>続きを読む