株式会社NO's( 横浜家系ラーメン 吟家)
野口社長インタビュー

株式会社ギフトの開業支援を受けて開業した株式会社NO’sの野口社長にインタビューしました!
千葉を中心に店舗展開をしており、更にフランチャイズ店まで拡大して今では合わせて20店舗以上になったという株式会社NO’sさんの野口社長に根掘り葉掘り聞かせてもらいました。
動画も合わせてご覧くださいませ!

株式会社NO's 野口社長
店舗名: 横浜家系ラーメン 吟家
商品力があるから自信を持って店舗展開できる!1年目で12店舗展開し、今では20店舗以上…目指すは50店舗です!

Q.ギフトが運営している町田商店との縁は何?
A.今、弊社の副社長が当時、『株式会社ギフト』さんと内装の仕事でお付き合いをしており、「家系ラーメンで町田商店という良いブランドの会社があるよ」と話してくれたので、興味を持ちました。
正直、最初はどこでもよかったんですが、『株式会社ギフト』の笹島さんと出会ってすごい魅力的な人だったのが一番の印象でしたね。
Q.なぜ町田商店で開業しようと思ったんですか?
A.自分はラーメンの味がわかるとか舌がいいわけじゃないから、どんなラーメンを作れば売れるかはわからないですが、実際に売れているというモノを同じように作れば売れるはずと思っていました。
でも、実際に町田商店の家系ラーメンが行列になって、それを食べて喜んでいるお客さんがいっぱいいるということを知って、初めてその凄さを実感しました。
しかも、ラーメン業態を経営するのは初めてだったから、『株式会社ギフト』の笹島さん達がいなかったら成り立たなかったし、手厚いサポートのおかげで成功できたと思いますね。
Q.実際にラーメン屋を開業してみてどうですか?
A.2012年に1店舗目をオープンして初月300万円くらい売れて、手元にもお金が残って、これは売上がどんどん伸びていくなと思っていたし、ラーメングランプリがあって準優勝を取ったこともあり、1号店が売上が600万円くらいになり、これは完全に行けると思って、1年目でFCを入れて12店舗まで拡大しましたね!今では20店舗までいってます。
Q.ラーメン屋の開業資金はどんな感じですか?
A.ラーメン屋を開業する上で、費用を安くしようと思えばいくらでも安くできると思います。例えば、居抜き物件で800万円くらいで費用を抑えて開業することもできるし、自分の理想通りでスケルトンから2000万円~3000万円かけて開業するお店もありますね。
自分としては、今までの経験上、しっかりとお金をかけて作ったラーメン屋の方が売上も利益も出るっていうイメージです。
Q.店舗展開した時に失敗した要因は何ですか?
A.失敗して撤退したラーメン屋も2軒ありますが、理由は調子に乗ったからですね。儲かってお金に余裕ができてから、立地や物件を「ここでもいけるかな」というノリで開業したのがダメでした。
それまでは、絶対に自分で立地や物件を調査して出店してきたので、それが失敗の要因ですね。そこからは、立地や物件選びは真剣に選ぶようになりました。
Q.成功している大きな要因は何ですか?
A.昔はスパルタでやっていたから、辞めていく人も多かったですが、求人募集したらバンバン応募も来てたんですが、今では募集をかけてもほとんど採用できないし、辞めたら誰も働きに来ないしという状況になってから、従業員のことをすごく大切に考えるようになって大きく売上が上がるようになりましたね。
今では、辞める人もほぼいないし、それが成功の大きな要因ですかね。これから50店舗を目指そうと思ってます。
Q.ラーメン屋開業で株式会社ギフトはおすすめ?
A.田川さん、笹島さんに会えば多分わかると思いますよ。自分自身は人の下に付きたいとか、人を立てる人間ではなかったんですが、2人に会ってから「自分たちも店舗を増やしたい」と思えるような人間だから、自分もここまでやってるんだと思います。
ただのラーメンという商材だったら2、3店舗で満足していると思います。だから、『株式会社ギフト』と一緒にラーメンビジネスをすれば最高です!笑

他にもこんな記事がおすすめ♪

飲食店を経営するなら当然毎月売り上げがあって、経費もかかります。そして売り上げか >>続きを読む
私たち株式会社ギフトのラーメン開業支援は加盟金・ロイヤリティー・保証金は全くいた >>続きを読む
「ラーメン屋で独立開業したい!」「自分の店を持つ夢を叶えたい!」「ラーメンで事業 >>続きを読む
『繁盛店』ってよく聞きますが、ラーメン屋で繁盛店ってどんな店だと思いますか? >>続きを読む