海外でラーメン屋をオープンしたい人、注目!海外展開での成功パターン&失敗パターンを紹介します!

ラーメンで海外展開したい!ではどんな人が海外開業に向いているのか…?ベテランの海外開業プロデューサーが成功例&失敗例をご紹介!

海外展開に向いているのはどんな人・会社なの?

会社であれば出店したい国、例えばフィリピンですとかベトナムとかインドとか、その国の地場の不動産や人材会社などのネットワークがある会社さんですね。
ただラーメンの作り方を知りません、なので株式会社ギフトのブランドを使ってラーメンで海外展開していきたいという会社だと一緒にやっていく上で最適かなと、一緒にビジネスができるのかなと思っています。

出店したい国に全く縁がないと難しい?

出店したい、展開していきたい国に全く縁がないという場合は、ちょっと厳しいかもしれません。
そこに住んでいたとか既にそこで別の事業をやっているなどの縁があった方がやりやすいと思います。

他にも例えばフィリピンにすごく仲のいい友人がいて、その人が現地に詳しいからその人と一緒にフィリピンでやってみたい。でも本人はフィリピンについてあまり詳しくないという場合。そういったこともありだと思いますし、実際にあります。
その方が投資という形で、現地にいる例えばAさんという人の親戚がもう飲食に携わっているので、その人に運営をお任せするという形はありだと思っています。現地にいる地場のことに詳しい人に投資するという感じですね。
そういった問い合わせもいくつか来たりしました。

また他にも日本に学生として来て就職やアルバイトをしている外国人が、将来的に国に持ち帰って母国でこのラーメン屋をやりたいとか。親戚とお金を出し合って母国でやりたいというパターンもあると思います。
そういったパターンも飲食経験や不動産のネットワークといったバックボーンがあれば、こちらもフレキシブルに対応することが可能になります。

現地でのネットワークと、あとは当たり前ですがお金ももちろん必要にはなってきます。何もなくてただやりたい!という場合はちょっと厳しいですね。
例えば資産20万しかないとか、経験がないけどただラーメンが好きだからやりたいとか、そういったことだけでは難しいと思います。

海外展開で失敗したパターンはどんなの?

お金があってもオペレーション能力がないとか、そうなるとどうしても失敗しやすくなってしまいます。
逆でもですね。オペレーション能力があってもお金がないとやはり上手くいかないことが多いです。

海外展開で成功する為には、オペレーション力・不動産力・財力・人材力が必要になってきます。そして何よりいちばん大切なのがパッション(心)です。やる気であったり、ラーメンが好きな気持ちとか。
ただのお金儲けってなるとちょっと厳しいのかなと思います。

海外展開は複数店舗やっているパターンが多いの?

海外展開される場合、数店舗やられている方が多いです。その方が詳しいエリア内で数店舗展開するパターンですね。
これは独占権の話にもなってしまうんですが、最初にフランチャイズとして1店舗オープンして、その後サブフランチャイズ化して10店舗20店舗と増やし、フランチャージーとして数%利益を得るというようなパターンもあります。
独占契約をするとそういったこともできるようになります。


他にもこんな記事がおすすめ♪

飲食店を経営するなら当然毎月売り上げがあって、経費もかかります。そして売り上げか >>続きを読む
ラーメンで開業する時には、当然『良い物件』を選びたいですよね。良い物件の条件は立 >>続きを読む
ラーメンに限らず飲食店の経営でコスト管理はひじょ〜〜に大事なポイントです。コスト >>続きを読む
海外でラーメン店を開業する時に何が大変なの?というと、やはり大きいのは文化の違い >>続きを読む