ラーメンで事業展開する人、必見!開業に向く企業と失敗しない店舗展開のノウハウ大公開!

新たにラーメンで事業展開をするなら知っておきたいアレコレをラーメン事業展開の敏腕プロデューサーが大公開!
事業展開に向いている企業とは?飲食経験は必要?失敗しない店舗展開の方法は?…ラーメン事業で成功するための秘訣を大公開!現場のリアルな情報をお届けします♪

ラーメンで事業展開していく際のポイントは何?

新規事業としてラーメン業態をやっていく中で、上手く事業展開していくポイントのひとつが、やはり人になります。
キッチリとやる人間がいて、さらにモチベーションが飲食に向いている方がいれば、まずポイントのひとつがクリアになるのかなと思います。

もうひとつが物件ですね。当然資金も大切にはなってくるんですが、新規事業で始める方は大体資金に関しては特に問題ないことが多いです。
ですので、僕たちの中では「人材採用と物件選び」、この2つが大きなポイントになると考えています。

実際にどれぐらいのペースで店舗展開しているの?

実際にラーメン店をオープンし事業としてやっていく場合、どのくらいのペース、タイミングで店舗展開していくかなどは、企業さんの考えによって変わってくるので一概には言えません。
展開スピードが早い方は3か月に1回とか、1年で3店舗や4店舗やられる企業さんもいます。そういった企業さんはやはり人材が潤沢であったり、物件がすでに自社内であったりなど、事業展開していく上でのポイントが揃っていることが多いです。
ただ通常、別事業が物件などを扱わない事業であったら、大体は1年に1店舗、2年目で1店舗ないし2店舗というスパンが大まかかなと思います。

店舗展開していくタイミングの目安は?

株式会社ギフトのラーメンプロデュース部としては、月400万ぐらいの売り上げを店舗展開していく目安にしています。
利益率として10%~15%ぐらい残るようなモデルであれば、間違いなく店舗展開された方がいいと思いますね。
例えば想定家賃が30万の場合、月の売上が400万ぐらい、利益が40万50万を超えるようになったら店舗展開するタイミングだと考えています。

店舗展開する場合、初期費用を回収しきってから次出した方がいいのかと考える方もいらっしゃると思います。オープンしてから3か月ぐらい経つとオープン景気も落ち着き、おおよその売上の推移が見えてくるので、その時点で回収できそうなニュアンスであれば攻めてもいいのかなと僕は考えています。
その場合もう一度融資を受ける、追加融資を受ける方も結構いらっしゃいますね。売上が安定していて且つ収益が上がっているのであれば、銀行からの追加融資は受けられやすくなりますよ。

事業展開していく会社はどんな会社が多いの?

事業展開としてラーメン業態をやり始める会社さんは、今まで飲食をやっていたところや不動産をやっていたところなど、本当に様々です。
例えば居酒屋経営をやっていて、今回のコロナでラーメンをやりだした方もいらっしゃいます。あとは建築業だったり不動産業だったり、本当に業種は様々と言っても過言ではないかなと思っています。

飲食からほど遠い会社さんもありますね。例えば今年出す会社さんはトラックのドライバー関係といった運送業をやられている会社さんとかもいらっしゃいます。
実は僕の担当している企業さんでいうと、どちらかというと飲食未経験の会社さんの方が多いぐらいなんです。何も知識がない、何もわからない状態でのスタートになるので、飲食未経験の方がもしかしたら色々と詰め込みやすいかもしれませんね。ですので、飲食業の経験が全くなくても、お気軽に問い合わせていただければと思います。

逆に飲食経験のある企業さんが僕らの仕組みを知るとやりやすくてビックリされると思いますね。家系ラーメンの中でも特に自由度も高く、メニューに関しても営業時間に関しても縛りがなく、さらに加盟金もロイヤリティも保証金もないので、通常の飲食店のフランチャイズをやるよりも、非常にやりやすく収益も上がりやすいと思っています。
だからこそ事業展開もしやすくなるんですね。

店舗展開している中で一番多い店舗数は?

今、弊社と一緒にやられている中で一番多く展開されている企業さんでは80~90店舗展開しているところがあります。
店舗展開の平均でいうと、1企業で3~4店舗が平均の店舗数になりますね。そのぐらいの規模が一番やりやすいと思います。


他にもこんな記事がおすすめ♪

ラーメン屋といえば働き方が超ブラック!朝は早くて夜は遅い…場合によっては24時間 >>続きを読む
ラーメン屋で開業したい!自分の店を開きたい!…じゃあ開業するためにはどれくらいの >>続きを読む
日本全国どこに行ってもあって、お客さんがいつも入っている。それがラーメン屋です。 >>続きを読む
ラーメン屋で独立・開業するための1つの方法である開業支援。 ラーメンを作れない >>続きを読む