フランチャイズって何?加盟金・保証金・ロイヤリティの意味を解説!FCシステムについて詳しく話します!

ラーメン開業支援・フランチャイズってよく聞くけれど、そもそもフランチャイズって何なのか?保証金・加盟金・ロイヤリティってなんのためのお金なのか?
そんな疑問に開業のプロに答えてもらいました!詳しいとこまで徹底解説です♪

フランチャイズって何?

簡単に言うと、その会社さんが開発した商品・名付けた屋号・それに登録した商標・それに紐づくノウハウを使って別の会社さんが営業すること。それで本部に関しては、自社のものを使ってもらう代わりにロイヤリティなどを対価としてもらって成り立つ事業のことをフランチャイズと言います。

〈開業支援のポイント〉
FC(フランチャイズ)元となる店舗のノウハウや屋号を貰い、その対価としてロイヤリティ等を払うのがFCの仕組み

よくフランチャイズと聞くと加盟店というイメージを持たれるかもしれませんが、ちょっと違います。
当然開発したものなど使うものに対して、要はこの商品に対して僕らは加盟します、加盟することによってそのノウハウや屋号など一切合切を使わせてください、というものに対しての対価が加盟金です。
ではロイヤリティって何かというと、そのノウハウを持っている人たちが飲食やったことがない方などに対して、毎月経営指導とかに行く事に対しての対価がロイヤリティです。

〈開業支援のポイント〉
加盟金=ノウハウやロイヤリティを貰うための手数料
ロイヤリティ=毎月発生する事象(経営指導料等)の手数料

補償金は何のためのお金?

加盟金・ロイヤリティ以外にかかる費用というと恐らく保証金があると思いますが、これは色んな位置づけをされているフランチャイズさんが多いです。
一般的なのは、もし仮にその会社さんが倒産してしまってフランチャイズの本部から仕入れていた商品のお金を支払ってもらえない状況になってしまった場合などに、それに対して保証されるという意味で『保証金』となるものがあります。
恐らく1か月の売上に対して大体その会社さんが仕入れる金額くらいは保証金として取っている会社さんが多いんじゃないかと思います。

〈開業支援のポイント〉
保証金=加盟した店舗が倒産などによって本部に支払えない場合保証金から補填されることが多い。

それ以外は研修費がありますね。いわゆるノウハウを1から10まで手に入れるための研修です。研修をするための本部の人件費などを支払う場合には、研修費がかかります。

〈開業支援のポイント〉
研修費=FC元のノウハウを獲得するために最初に行われる研修費用

大きくかかる費用としてこれくらいの分がかかるのが、一般的なフランチャイズかなと思います。
加盟金やロイヤリティを支払ったとしてもノウハウを手に入れられるから皆さんフランチャイズに入るという事なのだと思います。

【ギフト開業支援はフランチャイズではない?】

厳密に言うとフランチャイズではないですね。どちらかというと、ボランタリーチェーンという言葉が正しいのかどうかわからないですが、そういった形の部類になるのかなと思います。
弊社は、屋号は基本的に自由にやっているので、そのあたりがボランタリーチェーンに紐づく部分もあるのかなというところで、フランチャイズという感じではないのかなと思っています。

〈開業支援のポイント〉
ボランタリーチェーンとは…多数の独立した小売事業者が連携・組織化し、商標使用・仕入れ・物流などを共同化し、これを行う形態のことを指す。

なので僕らも、パートナーさんとお話するときは基本的にはフランチャイズという言葉は全く使ってないです。
プロデュース店だったり、パートナーさん、いわゆるビジネスパートナーとか色々言い方はありますが、やはりラーメンプロデュース部によって“プロデュース”したお店なのでプロデュース店と言わせてもらっています。

【FCの本部はすごく儲かる?】

基本的には儲かります。ロイヤリティを貰って飲食の場合は食材も卸すので、言い方は悪いですが二重取りできるというのもあり儲かりはしますね。取っていないところもありますが。
ただやっぱり、それを超えるくらいのブランド力があること。売り上げも得られるというところに関して、フランチャイズでやりたいという方は非常に多いのかなと僕は思っています。

〈開業支援のポイント〉
本部のノウハウやブランド力をそのまま手に入れて事業を始められるのがフランチャイズの魅力!

フランチャイズの本部になることに関しては、最近は結構売り上げが取れなくて訴訟問題になったりとか話題になりましたね。過去にも色々あったので、なかなか本部が上からという時代ではなくなってきていると思います。
どちらかと言うとやっていかれる方(加盟側)と共に成長していくというか、対等でやっていくという方が、伸びるのではないかなと僕は思っていますね。
やはりフランチャイズの一般的なイメージって、本部がすごく強くて言うこと聞かなければいけないようなところがありますよね。ただ、そういうところって認知度はピカイチじゃないですか。世界的に認知度があるのであれば結構本部が上からしっかりコントロールしても良いのかなと僕は思いますね。

ですが例えば、その辺で焼肉屋をやったとして、これでフランチャイズやってロイヤリティや加盟金を貰うとしても、その業態ってどれだけの人様に認知されてるのか?といった時に、そこに対してまずお金を取っちゃいけないのかなと僕は思います。
そういうのもあって、弊社ではプロデュースで加盟金を取らないですし、保証金も頂いていません。それで大丈夫かと聞かれると大丈夫ですと言い切れないのですが、でも僕らはやっぱり家系というラーメンをどんどん日本に認知したいという方が、加盟金・補償金といった部分よりも優先順位が高いです。なので限りなくハードルをゼロにした状態で誰でも家系にチャレンジできるような環境を作りたいというのが一番ですね。

〈開業支援のポイント〉
家系を日本に認知させたいという考えから、ギフトではロイヤリティ・加盟金・保証金が0円に!


他にもこんな記事がおすすめ♪

飲食店を経営するなら当然毎月売り上げがあって、経費もかかります。そして売り上げか >>続きを読む
日本全国どこに行ってもあって、お客さんがいつも入っている。それがラーメン屋です。 >>続きを読む
ラーメンで開業する時には、当然『良い物件』を選びたいですよね。良い物件の条件は立 >>続きを読む
ラーメンでの開業での悩み『ラーメン屋をやるのに良い立地とは何なのか』。 どこに >>続きを読む