海外展開は何が大変?実例&解決法を教えます!

海外でラーメン店を開業する時、そして海外で店舗展開をする時に苦労すること、その大きな要因の1つは日本と世界各国の文化の違いです。
日本のラーメン文化を世界に広げながら展開して行くのですが、やはり舞台が海外なので苦労するポイントも日本国内とは違ってくるんです!今回はラーメンで海外展開する時に苦労すること、大変な部分についてご紹介したいと思います!


海外展開は文化の壁に苦労する

海外でラーメン店を開く上での苦労。その中でも大きいのは、世界は日本とは全てにおいて全く違うということです。例えば言葉、文化、常識、システムなど様々なものが日本とは違います。
日本で日本人がメインスタッフのお店を開く時に当たり前のことが通用しないんです。
次々に予期していないことが起こるので、「何でそうなるの…?」というマイナスな受け止め方ではなく「おっ!また来たか!」というようなイレギュラーを楽しむくらいの気持ちで構えておくくらいがベストなので、神経質になるよりも気持ちに余裕を持つことをオススメします。

毎日刺激的な体験の連続!

日本から世界に出て違う文化の中でラーメン経営をするのは難しいことの連続ですが、常に挑戦できるのがエキサイティングなところです!確実に何か予想外のことが起こることを前提にして心構えをしておくのが大事です。その刺激的な毎日を楽しめるような人には海外開業は向いていると思います。

トラブル1:業者が来ない

イレギュラーの例をあげたらキリがないほどですが、例えば建築関係の業者さんが来ない、従業員が来ない、といった人的なトラブル。
こういった問題については、常日頃から関係者たちと良好な関係を築いておくのがとても大事になってきます。

トラブル2:価値観が違う

他には宗教的なものだったり概念やファッションの感覚が違うという事が悩みの種になったりします。ヒゲやファッションタトゥーは海外では当たり前だったりしますが、日本では基本的に飲食ではNGなことも多いです。なので日本の概念のままで海外に行って同じようにやろうとすると、通用しないという事がたくさんあります。
海外で開業するなら、その国やその地域に合わせてやらないとうまく行きません。日本人の感覚でとにかく進めようとすると思ったようにいきませんので、何事も柔軟に対応できる人やグローバルな感覚を持ってる人、海外でどうしてもラーメンをやりたい!という強い意志がある事が大切です。

トラブル3:時間の感覚が違う

海外では日本よりも全てにおいて時間がかかると言っても過言ではありません。日本は時間を守るということについて世界でもトップクラスに優れている国ですので、海外に出て行くと全体的に時間にルーズだなという印象を受けます。
例えば建築の工事が日本なら2ヶ月で終わるのに、現地では半年とか1年とか…そんなことも実際にありえるんです。手短に終わらせる方法もあるにはありますが、慣れやノウハウが必要になるので一朝一夕で身につけられるものではありません。ある程度は海外の文化や感覚の違いを理解して受け入れる事も大切なのですが、そればかりだと間延びして工事期間が1年…2年…と時間ばかりがかかっていき、費用だけがどんどん浪費されていくという悪い流れに陥ることもあるので気をつけたいところです。

経験値と信頼関係が重要!

海外でのラーメン開業で困難を乗り越えるには、経験と良い人間関係が何よりも大事なことになります。既に海外での店舗展開の経験があって良い方法を知ってる人に手を貸してもらったり、アドバイスをもらうのはとても有効です。
海外進出・店舗展開の時には関わりを持つ全ての人との関係が重要!現地の業者の人達にも、こっちは依頼人だから…というスタンスで接するのではなく積極的に良い関係を築くようにしていきましょう。対等な付き合いをするのが大事です。
とりあえず『お客様は神様的』というような日本の感覚や概念は手放して、全体的にフラットな関係を構築していくという気持ちが海外では重要といえます。

成功への近道は経験を積むこと!

海外で成功するために大切なのはとにかく開き直って進んでいく力。今までの実績や経験にこだわらず、初心に戻ってもう一度!という気持ちを持って進んでくと、新しい解決策が見えてきたりします。
ひたすらに、がむしゃらに突き進むだけではなく困難があった時には一度落ち着くという冷静さも必要です。ですが失敗したり壁にぶつかったらその度にそれを乗り越える必要があるという事なので、失敗したり苦労した分だけ確実に成長できます。それが1つずつ経験値として手元に溜まっていきますので、その経験が自分の成功に繋がるんですね。
だからこそ初めての海外挑戦や海外展開の時には経験者にアドバイスをもらうのは非常に良い方法です。
日本国内でも地域によって風習の違いがあるものなので、海外になるとその差は歴然!ラーメン店の経営に関わらず言葉も文化も習慣も違う中で少しでも上手く溶け込んでいけるような努力が大事です。

新しい事をする楽しさが最高!

海外でのラーメン開業は確かに難しくて苦労も多いです。でもそれ以上に成功した時の達成感は大きくて、新しい体験を毎日繰り返し味わう事ができるのは面白いことは間違いありません!
実際に海外開業支援のプロデューサー達も、何度やっても毎回ドキドキわくわくするような『先の読めない』展開が必ず待っていると言います。それでも刺激的で面白い経営・運営はとても魅力的なので、ぜひ多くの方に経験して成功してもらえたらと思います!
本気で海外でラーメン開業をお考えの方は私たちが全力でサポートしますので、どうぞご連絡くださいませ。

台湾での実例についてはこちらの動画で!


他にもこんな記事がおすすめ♪

ラーメンの繁盛店というとどんな店を思い浮かべますか? 例えばお客さんが沢山入っ >>続きを読む
自分の店を持ちたい!ラーメン屋を始めたい!そんなアナタ。あなたはどうやって開業し >>続きを読む
私たち株式会社ギフトのラーメン開業支援は加盟金・ロイヤリティー・保証金は全くいた >>続きを読む
ラーメンに関して未経験でもラーメン屋で開業することができるラーメン開業支援! >>続きを読む